弁護士十川由紀子の絵本ブログ

 
フォーム
 
一寸法師(新・講談社の絵本)
2016-11-08
 今回は、みんなが良く知っている一寸法師です。小さな一寸法師が、お椀の船に箸の櫂(かい)で、京へ渡ります。
 
 子どもの頃に読んでもらったきりで、すっかり忘れていました  が、子どもと楽しく読みました。
 
 まず、子どものいない大阪の夫婦が住吉大社にお参りし、子どもを授けて欲しいとお願いするシーンから始まります。
 
 息子は、住吉大社で七五三をしていたので、見覚えのある橋に「あ、あそこだ!」と言い、うれしそうです。
 
 住吉大社の風景も、とても美しく描かれていて、絵が上品です。
 
 その後、小さな一寸法師は、淀川お椀の船でわたり、京へ行きます。
 
 一寸法師は、三条の大臣の屋敷に置いてもらうことになり、そこのお姫様といっしょに過ごします。お姫様の着物の柄、屋敷も本当に美しく描かれており、読んでいて大人も楽しくなります。
 
 講談社のシリーズは、他にも桃太郎花咲爺など昔話などがあり、どれも絵が美しく、その時代の風俗を正確に描いています。
 
 是非、一度、手に取ってみてください。
 
 
 2001年4月20日発行
 画 笠松紫浪
 文・構成 千葉幹夫
 講談社
弁護士法人
阪南合同法律事務所
〒596-0053
大阪府岸和田市沼町13-21
双陽社ビル3階(受付2階)
TEL:072-438-7734
FAX:072-438-3644
事務所ビル外観
<<弁護士法人 阪南合同法律事務所>> 〒596-0053 大阪府岸和田市沼町13-21 双陽社ビル3階 TEL:072-438-7734 FAX:072-438-3644