交通事故についての雑感(國本依伸)

 

交通事故について知っておいて欲しいこと

交通事故について知っておいて欲しいこと
 
 
 いわゆる人身事故にあわれたとき、特に自分が怪我をした場合には、まずはできるだけ早く弁護士に相談していただきたいというのが、弁護士の本音です。交通事故にあわれた方がわざわざ弁護士のところまで相談に来られるのは、たいてい何らかのトラブルが表面化したときですが、その段階でお話しをうかがっても対応が難しくなっていることが多いのが実情です。
 
 そこで弁護士としては、事故にあった直後の、まだ保険会社や相手方とは何にもトラブルが生じていない段階で、あらかじめ法律的な考え方を知っておいてほしかったと思うことが多々あります。特に交通事故に関しては、さまざまな間違った考え方が世の中に蔓延していますので、できるだけ早い段階で法律家から正確な知識を仕入れておいていただきたいのです。
 
 ときどき弁護士のところに行ったからには依頼しないといけないものと思われている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。うちの事務所の場合、むしろ交通事故の相談では初回は相談だけで終わることの方が多いと思います。ですから、できるだけ気軽に、そしてできるだけ事故から時間が経たないうちに、弁護士に相談していただきたいのです。
 
 そこで以下、私が事故直後に弁護士に相談していただきたいと考える理由を書いてみました。また、高校生の時に中型免許を取得して以来、20年以上バイクに乗り続けてきていることから、自動車との関係では被害者になりがちなライダーの交通事故被害については特に強い関心があります。ライダーの方には、最後のコラムだけでも是非ご一読しておいていただきたいと思います。
 
弁護士法人
阪南合同法律事務所
〒596-0053
大阪府岸和田市沼町13-21
双陽社ビル3階(受付2階)
TEL:072-438-7734
FAX:072-438-3644
事務所ビル外観
<<弁護士法人 阪南合同法律事務所>> 〒596-0053 大阪府岸和田市沼町13-21 双陽社ビル3階 TEL:072-438-7734 FAX:072-438-3644