本文へ移動

遺産分割、遺留分侵害額請求、遺言書作成、相続放棄の費用

弁護士に相談する際の費用は

 法律相談は、30分 5,500円(税込)の相談料を頂いています。
 

弁護士に事件を依頼する際の費用は(一般的な民事事件の場合)

 法律相談の結果、弁護士に事件処理を委任する場合の弁護士費用には、着手金、実費(事務手数料含む)、報酬金の3種類があります。この他に遠隔地への出張には、日当をお願いすることがあります。
 
 着手金は、弁護士に事件処理を依頼する際にお支払いただくものです。
 
 実費は、印紙代、交通費、通信費、コピー代、不動産登記簿謄本の取寄せ費用など、事件処理のために実際にかかる費用です。
 
 報酬金は、事件処理が終了したときに、事件処理の成功の程度に応じてお支払いただくものです。
 
 当事務所では、事件の対象となる経済的利益の額に応じて着手金と報酬金の基準を定めています。事件を受任する際に、基準を基にご説明させて頂きます。

遺産分割、遺留分侵害額請求、相続放棄の費用

遺産分割・遺留分侵害額請求
①着手金
 求める額が420万円以下の場合
     交渉    20万円+消費税~ 
     調停、審判 30万円+消費税 
 求める額が420万円を超え3000万円以下の場合 
       同5%+9万円+消費税 

 求める額が3000万円を超え3億円以下の場合                
       同3%+69万円+消費税 

 求める額が3億円を超える場合
       同2%+369万円+消費税         

 ※ 上記は、5期日まで。6期日以降は、1回の期日で2万円+消費税を追加で頂くことがあ          
   ります。
 
 ※ 調停から審判へ移行する場合、審判が高裁へ移行した場合
     それぞれ追加着手金(10万円~20万円+消費税 )をお願いします。

 ※ 遺言無効確認訴訟、預金の引き出しに関する返還訴訟等、遺産分割調停の他に
   追加の訴訟が必要な場合は、別途、着手金をいただいています。

②実費   必要額

③報酬
 経済的利益が300万円以下の場合    
            16%+消費税

 300万円を超え3000万円以下の場合 
            10%+18万円+消費税
 
 3000万円を超え3億以下の場合                
            6%+138万円+消費税

 3億円を超える場合  4%+738万円+消費税         


相続放棄
①着手金   1人の場合5万円+消費税 
  2人目からは1名追加ごとに2万円+消費税

②実費    必要額

③成功報酬はありません。

*複雑又は特殊な事情がある場合は、増額になります。
限定承認
①着手金   30万円~50万円+消費税

②実費    必要額

③成功報酬はありません。

遺言書作成

依頼内容
報酬金規定

 
経済的な利益の額が
遺 言
300万円未満の場合
20万円+消費税
300万円以上
3000万円未満の場合
同1%+17万円+消費税
3000万円以上
3億円未満の場合
同0.3%+38万円+消費税
3億円以上
同0.1%+98万円+消費税

上記以外に実費、公証役場手数料が必要です。



弁護士法人
阪南合同法律事務所
〒596-0053
大阪府岸和田市沼町13-21
双陽社ビル3階(受付2階)
TEL:072-438-7734
FAX:072-438-3644
TOPへ戻る