本文へ移動

債務整理

債務整理について

 いかなる借金問題にも、必ず解決のための糸口があります。しかし多くの方がいまだ、相談できる相手もなく、悩み苦しみ続けています。
 当事務所は、借金苦から生活の立て直しのため、借入状況や生活環境など多方面にわたって問題を分析・整理し、解決手段を考えます。
 
 債務整理についての初回相談料は無料です。

任意整理

四葉のクローバー資産を保有しながら利用可
四葉のクローバー各種ローンを支払いながら利用可
四葉のクローバー資産・収入や生活状況を詳しく開示する必要なし
四葉のクローバー全ての債務を整理する必要がない
 裁判所を通さず、各債権者と交渉して、債務の減額や支払条件の緩和を求める手続です。
 資産を手放す必要がないし、整理する債務を選ぶことが出来るので、利息の高いサラ金だけ整理して、住宅ローンや車のローンは払っていくような、柔軟な解決方法が取れます。
 契約内容・返済状況によっては、払い過ぎた利息(過払い金)が戻ってくる可能性があります。
 

民事個人再生

四葉のクローバー任意整理より大きい減額率

四葉のクローバー自己破産と違い、資産を保有しながら利用可

四葉のクローバー自己破産と違い住宅ローンを支払いながら利用可

四葉のクローバー自己破産と違い、免責不許可事由(ギャンブルで借金を作った等)があっても利用可

四葉のクローバー自己破産と違い、職業上の制限がない
 裁判所に申し立てることにより、債務を減額し、分割返済の計画を立てて3年から5年の間で返済を行う制度です。
 資産を手放す必要がなく、また、住宅ローンを支払いながらその他の借金を圧縮してもらうことが可能になります。
 任意整理と違う最大のメリットは、借金の減額率がとても大きいことです。
(例)
 借金が100万円未満の場合は、その金額
 借金が100万円以上500万円未満の場合,最低弁済額は「100万円」
 借金が500万円以上1500万円未満の場合,最低弁済額は「借金の5分の1」
 借金が1500万円以上の場合,最低弁済額は「300万円」
 借金が3000万円を超え,5000万円以下の場合,最低弁済額は「借金の10分の1」
  ⇒ 最大、5000万円の借金が500万円まで減らせます。
 ※ 借金が5000万円を超えるとこの制度は利用できません。
   自己破産の場合、借金の原因がギャンブルであるなど、免責(借金をゼロにする決定)が受けられないことがありますが、個人再生の場合は借金の使い道は問われず利用が可能です。
   また、自己破産のように、職業制限(警備員、生命保険募集人など)を受けることがありません。
 

破産・免責

四葉のクローバー債務がきれいにゼロに出来る
 
四葉のクローバー一部の財産が残せる。
 
四葉のクローバー破産後「復権」を得ることで、職業制限はなくなる
 
 任意整理や個人再生を用いても借金を返済していくことが難しい場合、最後の手段として「自己破産」があります。
 借金返済に追われる生活から心機一転、再出発をはかりましょう。
 自己破産をすると、借金が消えても、財産も何もかも失うのでは?という不安を持つ方も多いと思いますが、決してそんなことはありません。

 不動産を残すことは困難ですが、たとえば以下の財産は残ります。
  ・一般家庭の家財道具や電化製品のほとんど
  ・20万円以下の自動車、預貯金、保険(解約返戻金が20万円以下)が、
   合計して99万円を超えない場合
  ・99万円以下の現金
 
 決断はいち早く!借金返済は「がんばらない」こと
 
 自己破産の決断は早いに越したことはありません。
 
 ぎりぎりまで頑張ると、かえって事態は悪化するばかりです。
 
 例えば、以下のような事態は何としてでも避けなければなりません。
  ・金融機関から借りられなくなり、親戚や友人から借金をしてしまう
  ・わずかな蓄えも借金返済につぎ込んでしまう
 
 結局行き詰まって、親戚や友人に見放されてしまったり、自己破産に必要な弁護士費用や、自己破産してからの生活費に困る事態になってしまっては元も子もありません。
 
 自己破産は権利です。無理のないうちにご決断をしてください。
 

▼お気軽にお問い合わせください

弁護士法人
阪南合同法律事務所
〒596-0053
大阪府岸和田市沼町13-21
双陽社ビル3階(受付2階)
TEL:072-438-7734
FAX:072-438-3644
TOPへ戻る