本文へ移動

よくあるご質問

お客様からのよくあるご質問について

当社に寄せられておりますご質問のなかから、特に多いお問い合わせおよびその回答を掲載いたします。下記内容以外にもご不明な点がありましたら、お問い合わせフォームもしくはお電話にてお気軽におたずねください。

Q&A(お客様からのよくあるご質問と回答)

遺言について教えてほしい。

 私は、子どもたちが遺産のことで揉めるのを避けるため、遺言を書いておこうと思います。何か、形式とかあるのでしょうか?
 
 
 遺言は、①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3つの方式のいずれかによる必要があります。
①の自筆証書遺言は、遺言者が全文を自分で手書きして、日付、氏名を自署して押印するだけです。一番手軽な方法ですが、誰にも知らせずに放っておくと、遺言書を誰も見つけてくれないおそれがあります。また、文章に不明確な点があるなどの理由で、争いになってしまうこともあります。
そこで、一般的には、②の公正証書遺言がお勧めです。公正証書遺言は、遺言の内容を公証人が公正証書によって作成するものですから、有効性が確保され、その謄本が公証役場に保管されるので、紛失することもありません。もっとも、公正証書遺言には、証人2名が必要ですので、内容を秘密にしておくことは難しいです。
③の秘密証書遺言は、遺言者が遺言書を作成し、封印した後に、証人2名とともに公証人の面前で自分の遺言書である旨等を申述して公証を得るものです。秘密が確保される一方で、内容について公証人が関与しないため、内容について争いになる可能性もありますし、紛失の可能性があることも①の自筆証書遺言と同様です。
内容の確実性という観点からすれば、やはり②の公正証書遺言が安心といえるでしょう。
遺言書の内容については、遺留分を侵害するような内容にすると、かえって、争いの種を残すことになるなど色々問題がありますので、一度、弁護士にご相談なさることをお勧めします。
(回答者 弁護士 下迫田浩司)
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5

▼お気軽にお問い合わせください

弁護士法人
阪南合同法律事務所
〒596-0053
大阪府岸和田市沼町13-21
双陽社ビル3階(受付2階)
TEL:072-438-7734
FAX:072-438-3644
TOPへ戻る