本文へ移動

刑事事件・少年事件の弁護士費用

弁護士に相談する際の費用

 法律相談料は、30分 5,500円(税込)です。

 

弁護士に事件を依頼する際の費用

 法律相談の結果、弁護士に事件処理を委任する場合の弁護士費用には、着手金、実費(事務手数料含む)、報酬金の3種類があります。この他に遠隔地への出張には、日当をお願いすることがあります。
 
 着手金は、弁護士に事件処理を依頼する際にお支払いただくものです。
 実費は、交通費、通信費、コピー代、刑事記録の取寄せ費用など、事件処理のために実際にかかる費用です。
 報酬金は、事件処理が終了したときに、事件処理の成功の程度に応じてお支払いただくものです。
 
 

刑事事件の費用

着手金
事実を認めている場合
事実を否認している場合

30万円
+消費税
50万円
+消費税
*事案の複雑さや事情に応じて、増減させていただきます。
*保釈請求をする場合は、別途10万円+消費税をいただきます。
*追起訴されて事件が増えた場合は、追加着手金をいただきます。
*裁判員裁判の場合は、別途ご相談させて頂きます。
報酬金
事実を認めている場合
事実を否認している場合
不起訴になった場合
30万円
+消費税
50万円+消費税
執行猶予・罰金刑になった場合
30万円
+消費税
50万円+消費税
刑が減刑になった場合
30万円
+消費税
の範囲内で減刑の程度に応じて
50万円
+消費税
の範囲内で減刑の程度に応じて
無罪になった場合
100万円
+消費税
*事案の複雑さや事情に応じて、増減させていただきます。
*裁判員裁判の場合は、別途ご相談させて頂きます。

少年事件の費用

① 着手金
簡明な事案の場合
30万円+消費税
争いのある場合
50万円+消費税
 *事案の複雑さや事情に応じて増減させていただきます。
② 報酬金
 審判不開始又は不処分の場合
40万円+消費税
保護観察の場合
30万円+消費税
児童自立支援等送致の場合
40万円+消費税
少年院送致の場合
いただきません
 非行事実なしの場合
50万円~100万円+消費税
*事案の複雑さや事情に応じて、増減させて頂きます。
*追起訴されて事件が増えた場合は、追加着手金をいただきます。
*試験観察になった場合は、30万円+消費税を頂きます。
*裁判員裁判の場合は、別途ご相談させて頂きます。
弁護士法人
阪南合同法律事務所
〒596-0053
大阪府岸和田市沼町13-21
双陽社ビル3階(受付2階)
TEL:072-438-7734
FAX:072-438-3644
TOPへ戻る