本文へ移動

一般民事事件・交通事故の弁護士費用

弁護士に相談する際の費用

 法律相談料は、30分 5,500円(税込)です。
 

弁護士に事件を依頼する際の費用は(一般的な民事事件の場合)

 法律相談の結果、弁護士に事件処理を委任する場合の弁護士費用には、着手金、実費(事務手数料含む)、報酬金の3種類があります。この他に遠隔地への出張には、日当をお願いすることがあります。
 
 着手金は、弁護士に事件処理を依頼する際にお支払いただくものです(最低110,000円 税込)。

 実費は、印紙代、交通費、通信費、コピー代、不動産登記簿謄本の取寄せ費用など、事件処理のために実際にかかる費用です。

 報酬金は、事件処理が終了したときに、事件処理の成功の程度に応じてお支払いただくものです。
 
 当事務所では、事件の対象となる経済的利益の額に応じて、着手金と報酬金の基準を、以下のとおり定めています。事件を受任する際、基準を基にご説明させて頂きます。

一般民事事件の費用

(経済的利益が)
300万円未満
の場合
着手金
求める経済的利益の8%
+消費税
報酬金
得られた経済的利益の16%
+消費税
300万円以上
3000万円未満の場合
着手金
同5%+9万円
+消費税
報酬金
同10%+18万円
+消費税
3000万円以上
3億円未満
の場合
着手金
同3%+69万円
+消費税
報酬金
同6%+138万円
+消費税

交通事故の費用

弁護士費用
特約
特約あり
特約なし
法律
相談料
弁護士費用特約で賄われます。
30分5,500円(税込み)
着手金

弁護士費用特約で賄われます。
 
 *1
事務所規定によります。

請求額が300万円未満の場合
 請求額の8%
+消費税

請求額が300万円以上の場合
 請求額の5%
+消費税

 一部を入れていただき、残りは、得られた経済的利益より再計算し、後払いでも対応可能です。 

実費

弁護士費用特約で賄われます。
 
 *1
実費(コピー代、交通費、刑事記録取り寄せ費用等)が必要です。 

報酬金
弁護士費用特約で賄われます。
 
 *1
一般民事事件の事務所規定によります。

300万円未満
の場合 
経済的利益の16%+消費税。

300万円以上
の場合 
経済的利益の
10%+18万円
+消費税。

※1 弁護士費用特約で賄われない範囲は、一部ご負担いただくことがあります。

弁護士法人
阪南合同法律事務所
〒596-0053
大阪府岸和田市沼町13-21
双陽社ビル3階(受付2階)
TEL:072-438-7734
FAX:072-438-3644
TOPへ戻る