本文へ移動

弁護士十川由紀子の絵本ブログ

和菓子のほん

2020-05-01
和菓子の本
 新型コロナウイルスの影響で、学校が休校しています。私の息子も、始業式に1日だけ行きましたが、授業は始まっていません。
 
 学童で預かってもらう日もありますが、私が在宅勤務の日は家で一緒に過ごしています。
 一緒に過ごす日は、仕事をしながら、3度の食事を作り、勉強を見てあげて、時には喧嘩もし、大変です。息子は、宿題をほったらかして遊び中心なので、ついつい喧嘩になってしまいます。
 
 さて、今日は、和菓子の本です。春になりが咲きましたが、新型コロナウイルスのためお花見ができませんでした。そこで、春の気分を味わいたいと思い、桜餅を買ってきました。
 
和菓子のほん
 
 しばらくすると、柏餅が売られるようになり、こどもの日が近づいてきたことがわかります。
 
 この本も、和菓子が日本の四季の移り変わり、年中行事を、色や形で表していることを教えてくれます。 
 
 和菓子がどんな材料で作られているか、どうやって作るかも書かれています。
 
 外出が自由にできないので、子どもと一緒にお菓子作りをするのも楽しいですね                                                

 株式会社 福音館書店 2004年
6月1日発行 
 中山圭子  文
 阿部真由美 絵
弁護士法人
阪南合同法律事務所
〒596-0053
大阪府岸和田市沼町13-21
双陽社ビル3階(受付2階)
TEL:072-438-7734
FAX:072-438-3644
TOPへ戻る