本文へ移動

顧 問

中小企業や労働組合、市民団体等のリーガルサポート

顧問契約
 お気軽にご相談下さい。
  ★ 契約書の内容チェック
  ★ 面談による相談だけでなくメール相談
  ★ 従業員や、事業主の御家族の法律相談
 

顧問契約のメリット

 通常弁護士は、訴訟等の法的紛争が生じた場合に委任を受けますが、顧問弁護士は、そもそも法的紛争・トラブルを未然に防ぐことが役割です。

   顧問弁護士が存在すること自体が、企業・団体に安心感をもたらします。

   日常的な法律問題に機敏に対応します。
     契約書や、内部規約など重要書類のチェックなど、気軽にいつでもアドバイスします。
     電話やメールでのご相談にも応じますので、機敏な対応が出来ます。

   事業外の相談にも応じることが可能です。
     ご相談により従業員の個人的な法律相談や、御家族の法律相談も受けることが可能です。
 
   継続的に業務内容を理解することで機敏に対応できます。
     顧問であれば、業務内容をしっかり理解して法的サポートをすることが可能になります。
 
   対外的に顧問弁護士がいることを表示して頂けます。
     顧問弁護士が存在することが対外的信頼を生みます。また反社会勢力に対する牽制など、トラブル発
    生リスクを低める効果もあります。
 
   研究会などの講師を派遣します(別途講師料が必要な場合があります)。
     団体で、法律や制度についての研究会や学習会を行う場合、講師として弁護士を派遣できます。顧問
    弁護士であれば、顧問先の業務に即した内容で話をすることができます。

顧問契約の費用

 顧問契約は、契約の範囲にもよりますので、一度ご相談下さい。

▼お気軽にお問い合わせください

弁護士法人
阪南合同法律事務所
〒596-0053
大阪府岸和田市沼町13-21
双陽社ビル3階(受付2階)
TEL:072-438-7734
FAX:072-438-3644
TOPへ戻る